精神疾患 患者搬送サービス
psychopathy service

精神疾患 患者搬送サービス
psychopathy service

精神疾患 患者搬送サービスとは?

精神保健法に基づいた医療保護入院を目的として、精神障害者の方の通院および入院のための移送のお手伝いをするサービスです。ご家族の同意のもと、ご指定の日時にご指定の病院まで移送を行います。
○無理にでも病院に連れてゆこうとすれば危ない目に遭うことも考えられます。
○本人は正常と思っているのを異常と言われれば、抵抗します。
○本人の言うことを尊重するあまり、病院に連れてゆくことを諦めてしまう。

その他 このような状況のご家族が多くいらっしゃいます。 弊社では長年の経験やノウハウを生かし、ご本人様をご説得して安全に移送いたします。移送の際にご本人様やご家族が事故や 怪我をされないよう、万全な体制で医療機関へ移送させて頂きますので、安心してお任せください。

移送の流れ

お電話・メール

お電話にて専門スタッフがご要望や状況を伺います。経験豊富なスタッフですので、ご安心頂き、お気軽にご相談ください。日時に余裕のある場合はお見積に後日お邪魔します。急を要する場合は、そのままお伺いさせて頂きます。

打ち合わせ・見積策定

基本的には本人にはわからないようにご家族の方とお打合せを致します。当日(即日)スムーズに移送できるよう、経路や、当日の動きを確認致します。凶器になるものの確認等もその場で行います。その際に、お見積を提示させて頂き、ご納得頂きましたら正式にご依頼を受けます。

搬送開始

打合せの通り、本人の移送を実行いたします。基本的には話し合いの上で、本人の合意を得たのち移送いたします。 ※場合によっては拘束の上、移送する事もございます。

搬送完了・ご精算手続き

無事移送が完了致しましたらご依頼完了でございます。ご精算は、完了後のお手続きとなります。

搬送後の流れ

●帰宅の際の移送も承ります。ご安心してご利用いただけますよう、往路と同じスタッフでの対応も可能です。
●退院・退所後のご不安も 解決致します。疾患の再発の際も同スタッフが対応するため、リピーター様からのご支持をいただいております。
●患者さまおよびご家族の人権に配慮して適切な移送サービスを提供いたします。

移送対象となる症例・症状

○統合失調症
○鬱(うつ)病
○パニック障害・不安障害
○PTSD(外傷後ストレス障害)
○薬物依存症
○アルコール依存症
○暴力・暴言異常行動
○その他精神疾患

このような場合にご利用ください

  • ○家庭内暴力(DV)をふるうようになってしまった
  • ○ひきこもりになってしまった
  • ○身内に精神疾患の疑いがあるが、誰にも相談できずに悩んでいる
  • ○精神科に受診させるのに連れ出そうとすると、拒否し大声を出したり暴れだしたりし、家族だけで連れていくことが出来ない
  • ○車が無いため、電車やバスで精神科に連れていくのには不安がある
  • ○ご本人に病識(病気である認識)がなく、全く説得に応じない

精神疾患 患者搬送サービス ギャラリー

ページトップへ戻る